自費出版について知りたいかたへ

自費出版について興味のある方へ、どういったものなのかをしょうかいしたいと思います。これは、簡単にいうと、費用を自分で出して本を出版することをいいます。絵本作家であるとか、趣味のことをお伝えしたい方などがされることが多いかと思います。ただ、その時に注意してもらいたいことがあります。それは、出版社とのトラブルにならないように打ち合わせなどを綿密にすることをお伝えしておきたいと思います。最少のロット数であるとか、費用についてなど、細かいところまで気をつけることが必要になります。また、初めての方には作成の仕方であるとか、構成などについても教えてくれるので是非そういうことに注意しながら、作成されることをおすすめしたいと思います。興味のある方は一度出版社に相談したり、経験された方に聞いてみることをおすすめします。

自費出版というものについて

自費出版というものがあります。これは要するに自分ですべての費用を払って本を作ってもらうことです。色々とやる理由はあります。例えば、多いのは自分の伝記を書いて、知人に贈ったりすることです。販売目的にやっているわけではなく、単純に人生の節目にそうしたことをすることがあるのです。団塊の世代が引退して、こうしたサービスを提供しているところは多いです。自分の生きた記録を残したいと言うのは当然のことですし、部数にもよるのですが、数百万円かかりますが、それでも一つの道楽としてはよいものではあります。もう一つはどうしても世の放ちたい自分の作品がある場合です。出版社が取り上げてくれないので、自分で出版して、売るわけです。本屋に置いてくれる確証はまったくないですから、それでも本にはできます。最近はインターネットという販売ツールもありますから、やる価値はあります。

自費出版は以外と簡単です

文章を書く事が好きな方は、一度は夢見るのではないでしょうか。本屋さんの店頭に自分の著書が並び、いろいろな方が手にとって購入していく事を。しかし現実は相当に厳しく、なかなか出版社さんからの依頼を受けて文章や作品を書く事はありません。商業ベース以外でも、自分の想い出に、家族の記録として少しでも良い形で、などという理由から自費出版をされる方も増えてきています。実際に作った方に聞いたのですが、打合せから自分の想いが濃縮できて、出版してみて非常に良かったと言っていました。自分の半生を綴った本でしたが、日記形式であったり、途中にコラム的な時事ものをいれたりと、なかなか読み応えのある本でした。地元の印刷会社さんにお願いをして作ったらしいのですが、そのまま本屋さんに平積みされていても良いほどの出来栄えでした。

Powered by WordPress | Theme by RoseCityGardens.com